--

--.--

« スポンサーサイト »

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2014

07.01

« 7月1日祈り会 »

2014年も今日から折り返しです。

今日の祈り会は、第1ペテロの学び全9回の最終回でした。

クリスチャンとしての地上での生涯は、旅人や寄留者と喩えられます。
それは、キリストの十字架の贖いによって罪許され、永遠に生きるものとされたクリスチャンにとって、この地上の生涯は一時的なものだからです。
ちょうど我々がこの世界に誕生する前に過ごした母親の子宮の中での数ヶ月間が、準備期間であったのと同じように、クリスチャンにとって地上の全生涯は永遠に備えての準備期間なのです。

だから、私たちは日常生活を神様中心にしていかなければなりません。神の栄光を現そうと行動していかなければなりません。それは難しいことですが、少しでもできることからはじめていきたいと思わされました。

聖書の学びの最後には、いつも通り祈祷課題を出し合い、祈り合う時間を持ちました。

なかなか忙しさを感じる大学生活ですが、「集まる」ということはクリスチャンのテーマのひとつでもあるので、このように毎週継続してメンバーが集まる時間をもてたこと、共に祈り合う時間を持てたことに感謝です。




スポンサーサイト

未分類トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。